tel:092-771-2223

お知らせ

新型コロナワクチン接種積極的に行っております。

当院では引き続き新型コロナワクチン接種(ファイザー社)を積極的に進めて参ります。
ワクチンには二つの意味があります。
一つは、社会の人の大多数(これは論文により細かな人数の割合が異なりますので、詳しく知りたい方は下記のHPをご覧ください)がワクチン接種をすることで、集団免疫をつくり感染すると重症化しやすい人を守ろうという方法です。
もう一つは、新型コロナにかかりやすい方、新型コロナにかかったら重症化しやすい方に接種をして、その方をしっかり守ろうという方法です。
一概には言えませんが、職域接種や大規模接種は前のほうに、クリニックでの個別接種は主に後ろのほうにあたると考えております。
いまワクチンの在庫が綱渡り状態になっていると盛んに報道されております。
それに対して、当院では、ハイリスクの方を中心に積極的に接種をすることで、新型コロナ封じ込めの一助となり、ひいてはがんや自己免疫疾患など病気を持った方も、自由に生活したり好きなだけ働いたりでき、飲食店やエンターテイメントの方々が今まで以上に活躍できる社会を取り戻すことにつながればと願っております。
当院では、ネットや受付センターから予約できる公開枠と、ハイリスクの方が接種できないということがないよう、当院の患者およびハイリスクの方も受け入れられる非公開枠とを組み合わせております。
まずはネットやコールセンターで、入江内科医院での接種希望とお伝えください。空いている限り受け入れます。
さらに、もしネットやコールセンターで、当院の枠がすべて埋まっているときは、直にご連絡ください。可能な限り調整を行います。
ハイリスクといわれている方々、すでに聞き飽きておられるでしょうが、新型コロナの感染しやすいリスクおよび重症化しやすいリスクとしては、65歳以上の高齢者のほかにがん(正確にはがんの多数)、COPD(喫煙、有害物質を吸うことで起きる肺の病気)、慢性腎臓病(これは健康診断の数字か採血採尿で分かります、自覚症状はめったに出ません)、心不全、冠動脈疾患、心筋症、肝疾患、脳血管障害1型糖尿病、2型糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、高脂血症、肥満、喫煙、臓器移植後が日本では判明しており、またステロイド使用中、免疫抑制剤使用中、妊娠中の方も新型コロナにかかりやすく重症化しやすいと推定されております。
(新型コロナウイルス感染症診療の手引き4.1版、ネットで無料公開されておりますものに、CDCで報告されているものを加えました)

https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronavaccine/wakutin.html

がんと新型コロナに関しては
https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/infectious_control/040/02/index.htmlもご覧ください。

新型コロナの全体像に関しては少し難しいですが、日本で一番正確な情報はこちらに掲載されております。国立感染症研究所のHPです。https://www.niid.go.jp/niid/ja/

そして海外の知識は、こちらCDCのホームページがとても詳しいです。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/index.html

そして、これらの病気に心当たりのある方は、早期のワクチン接種を強くお勧めします。もし疑問点などございましたら、ご相談いたしますし、私にわからないことは、わかる文献や詳しい方にお繋ぎします。
入江内科医院 入江東吾

[2021/07/05]

新型コロナワクチン接種、新型コロナ自費PCR、各種ワクチン自費接種、睡眠時無呼吸症候群検査について①

①新型コロナの自費PCR始めております。検査前の、自費にすべきか保険適応かの診断料、PCR検査の診断料、診断書作成、全て込みの料金込みで25,000円です。保険診療が妥当だと判断したらその時点で保険扱いとなります。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。
②当院は睡眠時無呼吸検査に力を注いでおります。睡眠時無呼吸は様々な疾患のリスクになりますので、一度検査なさる事をお勧め致します。
③成人向けワクチン全般にも力を入れております。対象年齢は18歳以上となります。ご相談いただいてから発注をかけます。
④各種ワクチンを自費で取り扱っております(外税)

meijiのA型肝炎ワクチンエイムゲン 7,000円
ファイザーの肺炎球菌ワクチンプレベナー13 8,500円
子宮頚がんワクチンガーダシル 16,000円
子宮頚がんワクチンシルガード9 25,000円
その他ご相談下さい。

新型コロナワクチン接種について。
新型コロナワクチン接種は当院でも行います。接種自体は福岡市市民であれば、一般の診療所でも公共会場(当初はマリンメッセB、その後は各地の体育館など)でも可能です。
まずは当院かかりつけ患者から行いますが、超高齢者でかつかかりつけをお持ちでない方もおられることと存じ、そういった方々がワクチン接種を受けられる日時も一定の枠で設けてまいります。
診療所での接種は、無駄を作らないために完全予約制を行うます。
もし、必要と感じられた方は、遠慮なくご連絡ください。ワクチンの正式予約は二段階になっており、75歳以上の方が5月12日10時から65歳以上から74歳までの方は5月19日10時から予約開始
診療所での接種開始は5月24日からとなっております。予約の無断キャンセルは、最悪ほかの方の尊い命を失うことにつながりますので、絶対に行わないでください。
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronavaccine/wakutin.html
年齢により日にちが違いますので、お間違いのないようにお気をつけ下さい。
ほか、不明点がありましたらなんなりとご相談下さいませ。
なお当院は留守番電話がございません。
お問い合わせは診療時間内におかけください。

[2021/05/11]

新型コロナワクチン接種、新型コロナ自費PCR、各種ワクチン自費接種、睡眠時無呼吸症候群検査について②

現在福岡市から各病院に向けて送られるワクチン数には大幅な制限がかけてあります。
これは、万一ワクチンの流通が止まった場合にそなえ、1回接種した方には確実に2回目が接種でき、新型コロナに対する免疫を確実にするための窮余の一策です。
なので、これはむしろ市の熟慮の末の英断だとお考え下さい。国から福岡県に、福岡県から福岡市に、ワクチンが順調に来るという保証は、残念ながらまだありません。なので、できる範囲で、1番の有効策を考えねばなりません。
そのうえで、至急ワクチンを打たねばならないが、どこの病院にもかかったことがないかたなどは、福岡市のシステムを利用するという方法がございます。
詳しくは、下に添付しました福岡市のホームページ内の解説をお読みいただき、ご不明点は福岡市にご連絡ください。
そして、当院でも着々と予約開始に向け準備を行っております。
まずは75歳以上の高齢者で、新型コロナのリスクとなる病気を持っておられる方から順に、つまりよりハイリスクの方を優先する形でワクチン接種を行ってまいります。とは申しても、ほかの方をお断りすることはございません。
ただし、先に述べましたように福岡市の方針がある以上、無制限に素早く行えないことは、どうぞご理解ください。そして、ワクチン接種を少しお待ちいただける方は、どうぞ当院のメールアドレス、もしくはファックスにご連絡ください。電話よりそちらのほうが確実に記録が残りますので、正確に迅速な受付が可能となります。
そして、もしメールアドレスやファックスをお持ちでない方は、どうぞお電話をおかけくださいませ。13時~14時30分の間は、電話担当者が不在で、かつ留守録機能を持たない20年程度前の古い電話を使っておりますのでご迷惑をおかけしますが、診療時間中であればご遠慮なく。
以下福岡市のページを添付致します。
https://storage54000.contents.fc2.com/file/375/37435600/1619874342.16.zip
また当院で重症化リスク判断に用いている資料は各種ございますが、主なものを添付いたします。主にがん患者、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病、高血圧、肥満、65歳以上、臓器移植歴のある方、喫煙歴の長い方、コレステロールの高い方、その他の要素が多い方ほど感染の危険が高いので優先するという方法です。これらの方が速やかに終わり次第、より多くの方の接種ができる体制に迅速に切り舞えます。また、新しい論文が出るたびに接種の順番の見直しを図ります。
皆様のご健康を心よりお祈り申し上げつつ、勤しんでまいります。

[2021/05/11]

高齢者の新型コロナ検査料金が値下がりしました。

高齢者の新型コロナ検査料金が値下がりしました。
従来は自己負担が6000円でしたが、4月1日より4000円に値下がり致します。詳細は電話かメールでお問い合わせください。

[2021/03/27]

当院は各種ワクチンを推進しております。

当院は各種ワクチンを推進しております。こう書きますとワクチンへの懸念を持たれる方もおられることと存じます。
現在のところ、ワクチン治療に勝る感染症、および感染することで引き起こされる各種がんや先天異常を防ぐのには、ワクチン以上に有効なものはございません。
現在のところ、自治体の推進している風疹ワクチンや子宮頸がんワクチンに加え、A型肝炎ワクチンや帯状疱疹ワクチンなど対応してまいります。
確かに、これらには国の補助がない自由診療が少なからずあり、高額と思われることと存じます。
しかし、がんの予防など長期的に見れば、割安です。むしろ、最近テレビをにぎわせているようにワクチンによる有害事象がどれだけ出るのか、ということへの懸念が大きいことと存じます。
なので、それに関しましては、価格も含め、時間をかけて相談してまいります。
なお、ワクチンはいずれもメーカーからの取り寄せになりますので、接種を希望される方は事前にご連絡ください。

[2021/03/27]

新型コロナワクチン接種に関してのお知らせ

現在、国の方から自治体へのワクチンの搬入計画立案中で、並行して医師会と福岡市の方でクーポン件方式による接種計画が立てられている途中です。
決まり次第、一斉に発表されますので、情報にご注意ください。
当ホームページでも随時発信いたします。

[2021/03/13]

当院でもAGAおよびEDに積極的に治療に取り組んでおります。

当院でもAGAおよびEDに積極的に治療に取り組んでおります。これらには、時に何か別の疾患が隠れていることもございます。悪性疾患の早期発見に繋がることもございます。
なので、気軽に医師にご相談ください。処方だけでなく、全身を見て取り組んでまいります。

[2021/03/13]

当院でも新型コロナPCR無症状者への自費検査開始のお知らせ

「PCRを自費で行う場合は診断書まで全て込みで25,000円となります。
ただし、診察中に新型コロナの可能性が見つかれば、その時点で通常の保険診療になります。
もし不明点が有ればお問い合わせ下さい」

[2021/01/25]

このページの先頭へ